ホームベーカリー

おいどんがホムペーカリーを購入したのは、6年ほど前だが、ホームベーカリーはいったいいつごろから世の中に出回っていたのか調べてみた。
「1987年3月にナショナルが日本で初めて製品化し、バブル景気とも相まって「第二の炊飯器」として大ブレイクした。1988年には家電業界での販売台数は約32万台であった。ところが、多くのメーカーが製品化を追随したことから美味しくパンが焼けない製品があったことや、専用の小麦粉が必要であるにもかかわらず、専用品の供給が少なかったこと、予算も市販のパンと同等であったことから、急速にブームは終焉してしまっ た。1992年には販売台数は2万台弱までに落ち込んだが、米不足が問題となった1994年に第二期ブームとなり80万台を販売した。その後、再び販売は落ち込んでいた。2005年頃からは機能の充実や、食品添加物を避ける傾向やアレルギー対策としての手作り志向があり、第三期ブームと言われ、再び年間20万台に届く規模にまで拡大しつつある。」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
なんと、びっくりした。二十年も前からあったなんて・・・結構歴史があるんだね。ということは、おいどんのホームベーカリーは何代目なんでしょうか。ここのところのものはスタイルもコンパクトで機能も充実していて、密かにホームベーカリーの買い替えなんて考えてたりしてる値段的にもずいぶんお安くなってきているのでうれしいだね。メーカーもいろいろ増えてて驚きた。

お役立ち 関連情報

当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。韓国で国家保安法違反の罪で27日に起訴された北朝鮮工作員の元正花被告。日本での永住権を得るため、日本人男性との結婚を図っていたことが、韓国検察当局などの合同捜査本部の調べで30日までに明らかになった