ホームベーカリー

おいどんがホムペーカリーを購入したのは、6年ほど前だが、ホームベーカリーはいったいいつごろから世の中に出回っていたのか調べてみた。
「1987年3月にナショナルが日本で初めて製品化し、バブル景気とも相まって「第二の炊飯器」として大ブレイクした。1988年には家電業界での販売台数は約32万台であった。ところが、多くのメーカーが製品化を追随したことから美味しくパンが焼けない製品があったことや、専用の小麦粉が必要であるにもかかわらず、専用品の供給が少なかったこと、予算も市販のパンと同等であったことから、急速にブームは終焉してしまっ た。1992年には販売台数は2万台弱までに落ち込んだが、米不足が問題となった1994年に第二期ブームとなり80万台を販売した。その後、再び販売は落ち込んでいた。2005年頃からは機能の充実や、食品添加物を避ける傾向やアレルギー対策としての手作り志向があり、第三期ブームと言われ、再び年間20万台に届く規模にまで拡大しつつある。」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
なんと、びっくりした。二十年も前からあったなんて・・・結構歴史があるんだね。ということは、おいどんのホームベーカリーは何代目なんでしょうか。ここのところのものはスタイルもコンパクトで機能も充実していて、密かにホームベーカリーの買い替えなんて考えてたりしてる値段的にもずいぶんお安くなってきているのでうれしいだね。メーカーもいろいろ増えてて驚きた。

お役立ち 関連情報

韓国で国家保安法違反の罪で27日に起訴された北朝鮮工作員の元正花被告。日本での永住権を得るため、日本人男性との結婚を図っていたことが、韓国検察当局などの合同捜査本部の調べで30日までに明らかになった タイのサマック政権の退陣を求める反政府団体・民主主義市民連合(PAD)の支持者は29日、観光地プーケットなど3空港に侵入。閉鎖に追い込んだ。PADに呼応する国鉄職員は同日、事実上のストに入り、多数の列車が運休。政府がPADの首相府占拠を放置するうちに、無法状態が広がり始めている。 脱北者を装ってスパイ活動をしていたとして韓国で逮捕・起訴された北朝鮮の女工作員、元正花(ウォンジョンファ)被告(34)が、北朝鮮の工作機関から日本で会うよう指示されていた人物の中に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体の幹部が含まれていた、と韓国検察当局が起訴状に記載していることがわかった。 ゲームソフト大手のスクウェア・エニックスは29日、同業のテクモに対して株式公開買い付け(TOB)を提案したと発表した。9月4日までにテクモ取締役会の賛同を得た上でTOB実施に踏み切るため、「同意が得られない場合は撤回する」と説明している。