キュレルの薬用UVローション

夏になると、顔だけではなく腕や足などの露出部分が多くなります。
とくに学齢期の子供は、制服などの関係もあって、洋服で隠すことができない場合もあります。
そんなときは、キュレルの薬用UVローションを使ってはどうでしょう。
ローションタイプでベタつかず、肌に負担のないサラッとした感触です。
毎日の紫外線対策に、家族で使用できます。
外出時に重宝するのが、キュレルの薬用スキンケアコットンです。
肌のトラブルの原因となる汗や皮脂の汚れを拭き取り、肌を清潔に保ちます。
肌荒れだけでなく、あせもなどの予防にも使えます

健康と医療 関連情報

全国の認知症高齢者の人数は05年の約205万人から、2035年には2.2倍にあたる約445万人になる、と厚生労働省研究班が推計を出した。増加は、埼玉県の3.1倍を筆頭に首都圏で大きく、愛知県や大阪府などでも2.5倍を超える見通しだ。 がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。 親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。  神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。