キュレルの薬用UVローション

夏になると、顔だけではなく腕や足などの露出部分が多くなります。
とくに学齢期の子供は、制服などの関係もあって、洋服で隠すことができない場合もあります。
そんなときは、キュレルの薬用UVローションを使ってはどうでしょう。
ローションタイプでベタつかず、肌に負担のないサラッとした感触です。
毎日の紫外線対策に、家族で使用できます。
外出時に重宝するのが、キュレルの薬用スキンケアコットンです。
肌のトラブルの原因となる汗や皮脂の汚れを拭き取り、肌を清潔に保ちます。
肌荒れだけでなく、あせもなどの予防にも使えます

健康と医療 関連情報

親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。  この日は午前11時からのオープニングセレモニーで幕を開けた。自らがんと闘いながら準備を進めてきた金子明美・実行委員長(40)は「参加する患者さんに喜んでもらえるイベントにしたい。成功させるために終わるまで気が抜けません」と話した。リレー中はキャンドルに火をともし、がんで亡くなった人をしのぶ「ルミナリエ」などが開催される予定だ。  都道府県別推計では、35年時点で05年比の増加が最も大きいのは埼玉県の3.1倍。千葉県と神奈川県の2.9倍▽愛知県2.6倍▽大阪府2.5倍▽東京都2.4倍が続いた。団塊の世代が多く住むベッドタウンで増加が著しい。最も低いのは島根県の1.5倍。粟田部長は「地域の実情に応じて、都道府県や市町村ごとにきめ細かい対策を考える必要がある」と話す。(