投資対象は11銘柄

個人トレーダーが全部の銘柄について情報収集する事は難しく、またその情報は既に古いものである事が多く、インフォメーションを知った場合には株の値に既に反映されている事も少なくない。

株取引をスタートしようとした人が挫折したわけがもっとも多いのは、銘柄選びではないだろうか。

たくさんの銘柄から業績の良い会社を選び、チャートなどから株価が上がりそうか予想する事は、時間的にもロスは大きいだし、それに見合った益を得られるとは限りません。

金融と投資 関連情報

日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。 米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。 家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。 FX取引は、取引業者に一定額の証拠金を担保として差し入れれば、何倍もの額の外国通貨の取引ができる。国内の低金利を嫌った個人投資家の人気を集める一方で、為替動向によっては多額の損失を被るリスクも指摘されている。