投資対象は11銘柄

個人トレーダーが全部の銘柄について情報収集する事は難しく、またその情報は既に古いものである事が多く、インフォメーションを知った場合には株の値に既に反映されている事も少なくない。

株取引をスタートしようとした人が挫折したわけがもっとも多いのは、銘柄選びではないだろうか。

たくさんの銘柄から業績の良い会社を選び、チャートなどから株価が上がりそうか予想する事は、時間的にもロスは大きいだし、それに見合った益を得られるとは限りません。

金融と投資 関連情報

生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 ゆうちょ銀の貯金は、多くの金融機関の現金自動預け払い機(ATM)で預け入れや引き出しができる。しかし、口座番号の入力が必要となる振り込みは、新生銀行やスルガ銀行など提携先の28金融機関との間でしかできなかった。全銀システムへ接続すると、銀行、信用金庫など約1440の民間金融機関との相互振り込みが可能になる。 このため、特定の保険商品や営業地域、顧客層に限った部分的な事業買収ができない。また、既存の保険会社が個人客専門会社や企業取引専門会社といった機能別保険会社を分社化し、持ち株会社の傘下にぶら下げるなどの社内再編も、事実上不可能だ。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。